ミニマリストになりたい育児記録

育児のこと、生活のことを少しずつ。

腱鞘炎な最近

前回の記事でも書きましたが、しばらく前から腱鞘炎に悩まされています。

妊娠・出産期はホルモンの影響でそもそも腱鞘炎になりやすいところへ、家事や育児の負荷もかかってより発症しやすくなるそうです。

私も一か月ほど前から手首が痛くて(特に朝起きたときの痛みがつらい)、しばらくは市販の湿布を貼っていましたが、なかなかよくならず。

先日、整形外科に行って、電気治療と高周波のリハビリに加え、強めのお薬(湿布と塗り薬)を処方してもらいました。念のため、ということでレントゲンもとりましたが、関節には異常なしでした。

痛みがひどい場合は痛み止めの飲み薬を処方できるそうですが、授乳中ということもあり今回は見合わせ。さらに辛かったら注射も可能だそうです。

 

特に親指の付け根をひねるような動きが痛いのですが、こうなってはじめて、生活のなかでこんなに手首を使っていたのか…と思うこともしばしば。

無理をすると今度は他の部分も腱鞘炎になってしまうそうなので、腱鞘炎をいいことに(?)片付けなども少しお休み。手首をいたわってゆるりと過ごしたいです。

がんばれないけれどそれなりに

先週はほぼ毎日、娘の寝かしつけから一緒に寝てしまい生還できず…でした。30代母、1歳児並みに寝ています。(1歳児はお昼寝もしていますが)

そして、9キロ近くなってきた娘を抱っこしているからか、2週間ほど前から手首が痛くて! 育児中によくあるという腱鞘炎でしょうか。

最初は左手のみだったのですが、左手をなるべく使わずにいた結果、右手も発症。

「2週間手首を使わずにいれば治る」らしいのですが、そういうわけにもいかず、湿布を貼りながらだましだまし生活しています。

 

そんなわけで全然がんばれない最近ですが、捨てたものの記録でも。 

dic2135.hatenadiary.jp

 

112. レンジのターンテーブル

113. ぼろぼろの台拭き

114. 使っていないゴミ箱のふた

115. テーブル天板

116. ピンチハンガー

117. シャツワンピース

 

少ないですが、前回からはこんなところ。

レンジのターンテーブル、落として割ってしまい(夫が)、ターンテーブルだけ買おうかとも思ったのですが、レンジ対応の大皿で代用しています(このあたりもがんばれない)。

そして、夫がなぜか持っていたテーブルの天板のみ。前は小さいテーブルの拡張に使っていたのですが、小さい子供がいて使うには危ないので捨てることにしました。

ピンチハンガーは今まで使っていたものがだいぶ劣化していたので、新しいのを1つ買って、古いものを2つ捨て。差し引き-1です。

最近買ったもの、娘の食器(あるものを適当に使っていましたがそろそろ娘用に揃えようと思い、茶碗、汁椀、プレートをセットで)、娘の夏用の半袖Tシャツ、パジャマなど買いました。

1000個捨てチャレンジ、その4

4月からはじめた「1000個捨てチャレンジ」。前回はこちらです。

dic2135.hatenadiary.jp

 

前回70まで数えたので、今回は71から。

 

71. 本(英語学習)

72. アクセサリー購入時の不織布袋

73. ブレスレット

74. 分岐水栓

75. ショーツ

76. ショーツ(2)

77~85. キャットフードの小袋×9つ

86. 本 講演録

87. 服 サマーニット

88. 服 白シャツ

89~103. 本 15冊

104. スーツカバー

105. スーツカバー(2)

106. 缶バッヂ

107. 缶バッヂ(2)

108. アクセサリーのカタログ

109. アクセサリーのカタログ(2)

110. アクセサリーのカタログ(3)

111. 欠けた植木鉢

 

100を超えたので、これで1000個の10分の1まではたどりついたということになります。

89~103の本はまとめてブックオフに。

ブックオフのビジネスモデルにはまあ、賛否ありますが、ブックオフオンラインの「宅本便」は私にとっては大変ありがたく、何度も利用しています。

10冊から申し込みができて、送料無料で箱に詰めて送るだけ。翌日には集荷に来てくれます。値段がつかなかった本は処分してくれるので(値段を見てから判断できるコースもあります)、こちらは本当にただ箱につめて、振り込みを待つだけです。最初だけ本人確認書類が必要ですが、一度やってしまえばあとはスマホ上で完結。

こういう、手放すハードルの低さというのも、心理的には影響が大きい気がします。

靴の買い替え。手持ちの靴は10足

普段履いている靴がだいぶくたびれてきたので、新しい靴を買いました。

あまりこだわりもなく、帰省した時に実家近くのイオンで購入。

入れ替えで、今まで履いていた靴(eccoの皮のスニーカー)を捨てました。

以前、靴をリストアップしたときは12足でしたが、少し減らして、現在は以下の10足です。

  1. 黒の合皮スニーカー(春夏普段用)
  2. ホーキンスのサンダル(夏のサンダル)
  3. dannerのモカシン(秋冬普段用)
  4. ニューバランスのボアスニーカー(秋冬普段用)
  5. ショートレインブーツ(雨の日用)
  6. 無印のレザーレースアップ(ちょっとカチッとした時)
  7. pioneroのヒールパンプス(一応のヒール)
  8. AKUの登山シューズ(登山用)
  9. chausser plusのレザーパンプス(あまり履いてないけど捨てられない)
  10. 無印の黒フラットシューズ(弔事用)

以前の記事はこちらです。

dic2135.hatenadiary.jp

 

10.の黒のフラットシューズ、以前の記事では捨ててもいいかも、と書いたのですが、やはり弔事用にと思って持っています。

6.のレースアップシューズ(下の記事の靴)を履けばいいかなと思ったのですが、弔事には微妙…?という気もして。

 靴10足というのは、ミニマリストというにはほど遠いですが、無理に減らすこともないし、どれも捨てられないので、当面はこれでいいかなと思っています。

dic2135.hatenadiary.jp

いらない情報を遮断した効果

先日、メルマガの配信停止をした話を書きました。

dic2135.hatenadiary.jp

この話で思い出した、同じく情報を断ってよかったということがあります。

あるお菓子屋さんのインスタグラムのフォローを外したこと、です。

 

f:id:dic2135:20190505223220j:plain


そのお菓子屋さんというのは月に2、3回ほど近所に出店するお店で、丁寧に作られていて、お値段も安くはありませんが、素晴らしくおいしいのです。

出店の前にはお菓子の写真とともに情報をインスタに上げてくれるのですが、期間限定のものも多く、おいしそうなお菓子を見ると、それまでそのつもりがなくても「おいしそう!食べなければ!」という気になってしまっていました。

月に2、3回というのがまた絶妙なタイミングで、「時々だしいいかな」と思うし、お店に行くとつい色々と買いがちでした。

最初はよかったのですが、なんとなく、だんだんと苦しくなってきて。

インスタを見ることで欲望が喚起されて、その欲望を満たすために商品を買う。

広告としては大成功ですが、私としてはマッチポンプ状態というか、出店されるたびに買いにいくのもなんだかなあ、と思っているのに、「見ると食べたくなって買いに行ってしまう」というのがジレンマでした。

 

なので、解決策は簡単で、インスタのフォローを外すこと。

そもそも不定期の出店なので、いつ営業しているかの情報も自分で見に行かなければわからないし、おいしそうなお菓子の写真に欲望を喚起されることもなくなりました。

また食べたくなったら営業日にあわせて行けばいいのですが、実際のところ、フォローを外してからは一度も買いに行っていません。

というか、フォローしていたことすらしばらくはさっぱり忘れていたので、こんなものだったのか、と拍子抜けした気分です。

 

そのお店のお菓子をよく買っていたのは娘が0歳後半の頃だったので、そのような時期に美味しいお菓子という喜びはすごくありがたいものでした。

それをたっぷり享受したので、今後はタイミングが合ったときに嬉しく購入させていただこう、と思っています。

改元のテンションについていけない

令和初のブログ更新です。

…というのが、このような日の妥当な書き出しなのかもしれませんが、正直、この改元のテンションに全くついていけていません…。

盛り上がっているところへ水を差すつもりは全くないのですが、平成最後とか、令和初だとか、また、メディアが「平成を振り返る」など特番を組んでいるのもなんとなく落ち着かず、テレビもちょっとだけ見て消してしまいました。

なんというか、こういう非日常の空気感にそわそわしてしまうのが苦手なのかもしれません。お正月とかはまだしも、今回は日本中がこんなテンションになるのもあまり予想していなかった。

ついでに言えば10連休も、帰省はしますが、あまり普段と変わらない感じで過ごしております。

何か新しくなったことと言えば、靴を新調したことくらいでしょうか。今日も雨だし、家でゆっくりしています。

…という、恐らくはマイノリティのどうでもよい更新。失礼しました。

デジタルも、いらないものは受け取らない

ふと思い立って、毎日何かしら届いていたメルマガや広告メールを停止しました。

f:id:dic2135:20190425091324j:plain

 

何かのサイトなど、必要があって登録するときはできるだけ「メールを受信しない」を選択しているはずなのですが、その時に見落としていたのか、あるいは後からしか変更できないのか…、気が付くとかなりの数のメルマガなどを受け取っていました。

私の使っているGmailは、勝手に「メイン」「ソーシャル」「プロモーション」のフォルダにメールを振り分けてくれて(時々間違えますが)、「メイン」以外のフォルダは見なければそれで済むということもあり、今まではまあいいか、と放置していました。

でも、ボックスにいらないメールががしがし溜まっていくのもなあ、と。

ちなみにこうしたメルマガ、「あらかじめ同意した人にしか送ってはいけない」「一度同意があっても、その後拒否した場合は送ってはいけない」と法律で決まっているそうです。

解除するのも、なんとなく面倒じゃないか、解除できないものもあるのでは…と思っていましたが(「受信しない」を選択しても重要なメールは送りますよ、とか、時々ありますよね)、ほとんどはメール下部に配信停止のURLなどがあり、簡単に解除できました。

一部、ログインして設定画面から…など面倒なものもありましたが、ぽちぽちと作業して意外と短時間で終了しました。同時に、もう不要になったサイトは退会。

重要な情報だけが入ってくるメールボックスは静かで快適です。

物理的に場所をとらないデジタルデータであっても、いらない情報は受け取らないよう、こまめに処理しようと思いました。